かんころ大解剖!

Amebaブログに日常を綴っていた女性は、いつしか悩める女性からたくさんの恋愛相談を受けるようになりました。

自らの恋愛経験と、ヨガインストラクターとしての知識。それらを掛け合わせて彼女が独自に考案した実現メソッドは、書籍・SNS・セミナー・オンラインサロンと、毎日たくさんの場所から発信され続けています。

なぜ、ここまで「かんころ」は「伝え続ける」のでしょうか。プロフィールだけでは伝えきれない「かんころ」のストーリーを、紐解いていきます。

普通のヨガの先生だったかんころさんが、自分の本を出版するまで

ー2018年9月に初の書籍『1週間で自分にぴったりの人に出会って恋して抱きしめられる』を発売。2019年6月に『恋トレ』、2021年1月に発売した『悩みを幸せに変える my letter ノート』は発売5日で重版、2021年6月現在4版となっています。かんころさんは、Amebaブログをきっかけに、どのように著者になったのでしょうか?

Amebaブログを始めたのは、今から10年以上前です。その頃はヨガのインストラクターをしていたので、ヨガについての情報を中心に書き始めました。

決めていたことは1つだけ、「毎日書く」ということ。徐々に自分の恋愛や仕事への考え方、ライフスタイルについて書くようになり、少しずつ読者が増えていきました。

ーヨガを出発点として、想いの発信へ。そこから「恋愛」カテゴリーを主にしたのはなぜですか?

ブログに自分の恋愛のエピソードや悩みを綴り始めたところ、だんだんと恋愛に関する質問がくるようになったんです。その質問をブログに載せてお答えしているうちに、さらに質問が増えて。読者さんが求めてくださっていることなのかなと感じて、恋愛の発信を増やしていきました。

ーなぜ、かんころさんに恋愛の質問をしたい方が増えたのだと思われますか?

ヨガのインストラクターをしていたこともあって、私が恋愛の話を書いたり、質問に答えるときは、「ヨガ時代の学び」と「自分の体験」を掛け合わせることが多かったんですね。

ヨガとは、自分とつながること。ポーズや呼吸法、瞑想を使って、自分とコミュニケーションをとり、心身を健やかにするレッスンをしていたのですが、その基本となる考え方は恋愛や人生にも大きく生かせると思ったんです。

例えば「心と体はつながっている」というヨガの教え。自分に嘘をついて無理を続けていると、必ず体もダメになる。だから自分らしくリラックスできる人とお付き合いをするといいですよ、などとアドバイスしていました。そのため一般的な恋愛モテ論とはちょっと違っていたかもしれませんが「自分を大切にすること」を大前提とした上で、再現性ある回答を心がけていました。

これをきっかけに読んでくださる方がさらに増え、月間100万PVを超えたあたりで、出版のお話をいただきました。

自らの経験を通して「伝えたかったこと」

ー初の書籍に込めた想いは、どのようなものだったのでしょうか?

1冊目の『1週間で自分にぴったりの人に出会って恋して抱きしめられる』は、私自身の恋愛の悩みを乗り越えたからこそ、書けた本でした。一番伝えたかったのは、「コンプレックスを持っていても、幸せになれる」というメッセージ。

実は私の20代後半を振り返ると、「女性は料理が出来なきゃだめだ」「20代のうちに結婚しなきゃダメだ」という思い込みをたくさん持っていたんですね。

本当は料理が得意ではないのに、「男性から選んでもらうためには」料理が好きな方がいいのだろうと自分を偽って。そうすると、できない自分にどんどんコンプレックスを抱いてしまって。

それでも、「今頑張って良い人と結婚できれば、安心できるはず」と、偽り続けていました。でもいくら頑張っても、他人の目ばかり気にしている自分ではうまくいかなくて。このやり方じゃダメなんだなって気がついたんです。

そこから、ちゃんと自分と向き合って、自分の想いを優先するようになりました。そうすると、結婚したい「いい人」の定義が変わっていったんですね。

「苦手こともちゃんと伝えて許容してくれる人であったり、苦手があるなら補い合える人を見つけた方がいいんだな」と。コンプレックスを抱いてじたばたしていた私だからこそ、「コンプレックスを持っていても愛されるよ」ということを伝えたかったんです。

ブログを書くことも本を出版することも、「書く」ことには違いはありません。でも、本になったことで、ブログを知らないより多くの方にもこのメッセージを届けられるんだなと、嬉しくなったことを覚えています。

2作目の著書『恋トレ』で伝えたかったこと

ー2作目の書籍に込めた想いは、どのようなものだったのでしょうか?

1作目の書籍を出版し、よりたくさんの恋愛相談をいただくようになった私はこう思いました。

「恋愛って幸せなものなはずなのに、なぜみんなこんなに悲しい顔をしているんだろう」と。確かに恋愛って「付き合う、付き合わない」「結婚する、別れる」のように、大事な選択に頭を悩ませることってありますよね。

でも、本当はとても幸せなもの。人を好きになることって、奇跡だし、私は素敵なことだと思います。その気持ちを大切にしてほしいという想いも込めて『恋トレ』を出版しました。

本文やカバー内側に「好きになったら、まずしてほしいこと。それはね…降参!私ってあの人が好き。以上」という言葉を書いているのですが、この言葉に勇気をもらったというコメントも、嬉しいことにたくさんいただいています。

実際に「自分の気持ち」を大事にすることが、恋がうまくいくことにもつながるので、皆さんには恋を楽しんでほしいですね!

この書籍では「自分の気持ちを大切にすること」を前提に、幸せな恋愛をするための心の土台作りから、素敵な人と出会う方法、好きな人とのコミュニケーションや、長続きするパートナーシップの秘訣など、これ1冊で幸せな恋愛をサポートできる内容になっています。

3作目の書籍『悩みを幸せに変えるmy letter ノート』で伝えたかったこと

ー3作目の書籍に込めた想いは、どのようなものだったのでしょうか?

3作目の書籍はタイトル通り「悩みを幸せに変えること」をコンセプトにしています。実は、この作品、元々自分用に手書きしていた「自分マニュアル」が元になっているんです。

そして、ブログと並行して毎日続けていた私のノート(マイレターノートといいます)を皆さんにも実践できる形にしたもので、制作期間はなんと1年以上かかっています!

すべてのページにイラスト図解が入っており、その元絵は私自ら描きました。そして、私の世界観を見事に再現してくださるイラストレーターのハルペイさんにイラストを描いていただき、普段はあまり本を読まないという方でも、とても親しみやすい書籍になっています。

ーマイレターノートとはどんなものですか?

マイレターノートとは私が考案した「自分との対話」ノートです。基本の型は①diary②gift③my letterという構成。①には自分の心の中にあるものを全て書き出し、②では①を見直して学びや恩恵をメモしていきます。③は今日の自分にかけてあげたい言葉を書く、というもの。

今まで講座やオンラインサロンでも実践していただいていますが「マイレターノートを書くことで自信がついた!」「マイレターノートに言語化することで感情が爆発することがなくなり、恋愛や人間関係がうまくいくようになった!」など、嬉しいお言葉をたくさんいただいています。

マイレターノートは基本の型以外にも、自分と対話する項目を応用しての講座も行っており、おかげさまで大好評いただいています。

会社の設立について

ーかんころさんは会社を設立されたんですよね?

2019年6月に(株)PS projectを設立しました。ありがたいことに3期目に入ります。ちなみに、この会社名であるPSとは「パワースポット」の略称なんです。

私はよく書籍やブログの中でも「あなたは生まれながらのパワースポット!」とお伝えしています。それは人は誰しも「自分が幸せでいるだけで人を幸せにする」という素晴らしい才能を持っているから。

みんながパワースポットであることを浸透させる計画という意味を込めて、PS projectという名前に決めました。プレ●ステーションではありません(笑)。これからも皆さんに愛される会社になるようがんばりたいと思います!

「半径数mにいてくれる人を幸せにしたい」

ーAmebaブログや書籍以外にも、SNSやオンラインサロンの活動、全国で開催するセミナーなど、発信の場をどんどん広げられていますよね。

現在では恋愛だけでなく、お仕事や自己実現、人生全般のお悩みにお答えしています。実は去年からInstagramも始めていて、なんと今ではInstagramのほうがフォロワーが多く、講座の参加者さんの半分以上が「Instagramでかんころさんを知りました!」というお声があり、びっくりしました!

どの形であっても、私の考え方を通して、頑張りたい人を応援する気持ちで発信しています。なぜ、私がこの仕事を続けているかというと、人が変わっていく、成長していく姿を見るのが本当に好きなんですよね。

この考え方は昔から変わらなくて、チアリーディングに明け暮れた学生時代、プレイヤーとしても全国大会に行くほど夢中になりましたが、自分が活躍するよりも後輩に指導する方が楽しかったんです。

現役引退後はすぐに指導者の資格を取って、チアリーディングを教えていた時期もあります。

ー何かを伝えたり教えることが、もともと好きだったんですね。

確かに、そうですね。チアリーディングでの経験を通して、「自分1人だけ活躍するのには、限界があるな」と気がついたんですよね。それよりも私は、10人の人生が面白くなる方が嬉しい。この思いは、今の活動にもつながっています。

ーそれが、かんころさんがこのお仕事を続ける理由でしょうか?

「半径数mにいてくれる人を幸せにしたい」それが私が発信する理由であり、伝える目的です。私にとって、Amebaブログを読んでくださる方も、セミナーに参加してくださる方も、オンラインサロンのメンバーも、「お客様」という存在ではないんです。

「かんころ」に出会ってくれる人は、それぞれ違う強みを持つ「タレント」です。幸せになる方法はたくさんあるのだから、自分なりの方法で幸せになってほしい。私や私の考え方は、「自分を知るためのきっかけ」になったら嬉しいなと思います。

ー恋愛カウンセラーと聞くと、恋愛のテクニックを教えてくれるイメージがあったのですが、自分自身を知る方法を知り、自分の生き方を明確にしていくために導いてくれる人のようですね。

そう感じてもらえたら嬉しいですね。恋愛カウンセラーという肩書きは、ちょっと違う受け取り方をされてしまうことも時にはあります。ただ、私は恋愛カテゴリーとして書くことが多いけれど、結局は、自分が生きていく上での情熱や愛につながることなんですよね。

私が伝えていることは、男女だけじゃない人間関係にも、お仕事にも通じることだと思います。

オンラインサロンや少人数講座では特に、それぞれの夢を叶えるためにいろいろな活動しています。その活動を通じて発信を始めたメンバーの中には、すでに個人主催のイベントを開催できるようになったり、Amebaトピックというニュースに取り上げられたり、活躍する子たちも増えてきました。これが、本当に嬉しくて。

そして、今年の夏は、お弟子さん養成講座ならぬ「かんころ認定講師養成講座」も予定しています。全国で活躍できるメンバーを養成できるように全力を注ぎたいと思います!

夢を叶えたい人を応援したくて、だからこそ、近くにいる人から大切にしていきたい。さまざまな媒体から発信を続け、声が届く範囲が広くなっていったとしても、その想いは変わりません。

自分の好きなものを見つけて、自分の夢を叶えていく。そんな人たちを増やし、応援していくことが、私の夢です。

Profile

かんころ
かんころ

株式会社 PS project 代表取締役、 実現インストラクター、 心理学 × 恋愛カウンセラー、セミナー講師、 Ameba オフィシャルブロガー、オンラインサロン 「かんころ編集部」主宰。
ヨガインストラクター、 チアリーディングコーチ、ブログ活動を10年間続けた経験から、独自の実現メソッドを提唱。全国でのセミナー開催、オリジナル手帳の販売、ジュエリーのプロデュースなど多岐にわたる活動を通し、1万人以上の悩める女性を救ってきた。「失恋から立ち直って結婚が決まった」「好きな仕事で独立できた」との声が相次ぎ、 セミナーは募集開始1分で満席となるなど圧倒的な支持を集める。
著書に 『1週間で自分にぴったりの人に出会って恋して抱きしめられる』『恋トレ』 (いずれも KADOKAWA) がある。